勧誘方針

勧誘方針

私たちは、金融商品を販売する者としての社会的使命を自覚し、各種法令・諸規則を順守するとともに、以下に定める勧誘方針に基づき、顧客および社会と永続的な信頼関係の構築に努めます。

基本方針

・お客様の意思を尊重し、誠実な提案営業活動を行います。

・会社が定めた取扱方法および法令等に則り、適正な営業活動を行います。

・金融機関の一員として、知識向上のため研鑽に励み、質の高いサービスを提供します。

1、適切な勧誘

・お客様からのご相談・ご要望等には迅速かつ誠実に対応いたします。

・電話や訪問による勧誘は、お客様の了承を得た場合を除き、午前8時以前および午後9時以降には行いません。

・お願い営業、威迫的勧誘等、お客様を著しく困惑させるような行為はいたしません。

・お客様に保険料等の割引・割戻し・立替その他、特別利益の提供にあたる行為はいたしません。

・保険契約者の本人確認および被保険者の同意を確実に得ます。

・お客様には、告知義務があること、また、この告知義務に違反したときは生命保険契約が解除されることを説明し、もれなく正しい告知が得られるように努めます。

2、適合性の原則

・お客様の加入目的に適当と思われる商品の勧誘を行います。

・保険契約の勧誘にあたっては、妥当な保険金額・給付金額等、お客様の資力・財産・職業等を勘案して勧誘を行います。

・投資性商品については、お客様の金融知識・投資経験および資産(財産)状況などに照らして、適していると思われる勧誘を行います。

3、説明義務の履行

・お客様に不利益となる事項についてもご説明いたします。

・商品内容やその特性等について、正確且つ十分な説明を行います。その際、将来の不確実な事項について断定的な説明はいたしません。

4、公金の取扱い

お客様からお預かりする公金については、遅延なく処理を行うとともに、私金とは厳格に区別して取り扱います。

また、割引・割戻し・立替えといった特別の利益の提供はいたしません。

5、適正な資料の使用

商品をお勧めするにあたっては、適正な資料を用います。不当な表示のある資料やお客様の誤解を招くような表示のある資料は、作成及び使用いたしません。

6、顧客情報の保護

お客様からご提供いただいた情報については、業務の遂行に必要な範囲での使用に留めると共に適正な管理を行い、お客様のプライバシーを保護いたします。

7、反社会的な申し出の受入拒否

申し出の意図が、社会的・倫理的見地からみて不当であると思われる場合には、その申し込みをお断りいたします。

以上の方針は「金融商品の販売等に関する法律」

(平成12年法律第101号)に基づく弊店の「勧誘方針」です。


PAGE TOP